司法試験を目指している人は法律事務所に入りにくい

法律事務所には、有資格者以外でも働いているスタッフはいます。
現場で実際に仕事をしながら勉強し、試験に臨む人もいますが、司法試験を目指している人は採用されにくいという噂があります。
というのも、司法試験は合格すると司法修習の長期研修があり、合格と同時に事務所を辞めてしまうからですね。
合格した途端に仕事に穴が開くことが分かっている以上、よほどのことがない限り採用は難しくなるのは当然でしょう。
司法書士や行政書士なら歓迎されますし、合格後もそのまま事務所に残る人が多いので長く働いてもらえるわけです。
事務所として試験を受けやすくする環境が整っているところなら、気持ちよく応援してくれるでしょう。
資格を取る予定ない場合は、転職者のほうが歓迎される傾向があります。
前職の経験が法律事務所に活かされるようなら、採用率も上がるかもしれませんね。
銀行、保険会社、不動産業者などは前職の知識が使えるケースも多数。
関連する得意分野があれば、認めてもらえる可能性があります。