法律事務所で働くパラリーガルの仕事内容とは

法律資格は難易度が高く、法学部卒でもなかなか法律関係の仕事に就くことが難しいという人も少なくありません。
ただ、資格がなくても法律事務所で働くことは可能で、資格を取る勉強をしながら法律事務所で働いている人もたくさんいます。
法律事務所に所属しているのは弁護士などの有資格者だけでなく、補助者またはパラリーガルと呼ばれる人たちもいます。
パラリーガルの多くは無資格者ですが、仕事としては資料の収集や書類の下書き作成などが主な業務になります。
ただ、客様に訪問するなど有資格者と似たような仕事をさせる事務所もあり、現場で学びながら資格を目指すことも可能な場合があります。
新卒採用はかなり狭き門で、基本的なビジネスマナーを知らない新卒者が採用されることはあまりないようです。
それでも大手法律事務所なら毎年新卒枠があったり、研修を行っているところもあります。
在学中にインターンシップで働くなど努力している学生も多いので競争力は高めですが、あきらめるには早いかもしれませんね。